あたいが経験した鉄塔上のカメラ修繕と水害による修繕タスクの土産

今から長年手前、身は某電気クリエーター(S)会社でトーンテレビジョン関係の復元を担当していました。

当時のテレビジョンは、今みたいに薄型軽量の液晶テレビジョンではなくブラウン管という真空管の一種に写真を投影やる器材による受像管テレビジョンでした。

けがの内容も今の液晶テレビジョンでは考えられない、スクリーンに何も映らずスノーが降っている様に感じる「スノーノイズ」という実態のものから斜めの縞風情が上げ下げ表現にはたらくビデオテープしか映らない「フラット垂直同期不足」など個々でした。

テレビジョン自身のけがでなくアンテナ配線のむりの場合には屋根の上に登って強風によって向きが変わったアンテナの道のりの交渉進化やアンテナの復元などの危険な手続きまでしていました。

ある日には、ストリートの繁華ストリートに出来たオープン前の広大モールのテレビジョン転送事態アンテナ配線(外の電波転送事態八木アンテナからテレビジョン受像好機まで同軸ケーブルで限度裏を這わせる)工事をしている際に、限度事態パネル最初枚食い分片足を踏み外して破ってしまいました。

マグレ落下せず不具合も無く済み、オ^プンまで数日があったので工事の方にお願いをしてパネル最初枚を張り替えてもらいさくっとすむことができましたが、その場を受かるたびに「ドキッ」とした日光を思い出します。

またある日には、チーフから「某テレビ局のプログラム電波塔(地上160m)の中程部に取り付けられた外の雰囲気(気候を伝えるプログラムで雲の状況など)を映すカメラが故障しているので復元をめぐってくれ」という手続きを与えられました。

仕事場に到着して電波塔の梯子足取りを表現の手足を交互に使ってこわごわ一段一層登って行きました。

身は頭上恐怖症では無かったので幸いでしたが、さすがにアクセスがすくみ苦悩を感じました。

そこからのコントラストは絶景で遙か彼方ばかりに浮かぶ島々と行き交う大型の船舶が大きな水槽に浮かんでいる、玩具のように見えたのを思い起こします。

さてけがの原因ですがカメラ自身に異状は無く、ビデオテープサインを下の受像機に送るケーブルを「カラス」か「カモメ」の鳥たちがかじって断線していました。

手続き卓の部分には鉄塔にぶつかって死んだと思われる鳥たちの死がいが散乱していました。

またまた、ある日には豪雨による水害に見舞われた大都市(水害界隈)に派遣され水に浸かって映らなくなり回収されてきたテレビジョンを最初卓、最初卓支援中頃で復元をしました。

水を被ったテレビジョンの復元はハード厄介で消息筋の根本や部品を合計外して水洗いと付着しているドロをブラシで取り除いてドライヤーで乾かし、排気の良い会社で日光陰干しをします。

入れ替えすべき部品は新品に取り替えて組み立て付け足しますが、海水に浸かったテレビジョンは内部の腐食がひどいので復元は不可能で、水害ときの雨水による潜水の場合のテレビジョン復元は可能です。

家電のフォローの職務は、私の一生において嬉しい集積になりました。毎年人気の毛ガニ通販ショップ